予防医療

お客様の大事なペットをお守りします

犬のフィラリア予防

犬のフィラリア予防
犬に寄生するフィラリアは「犬糸状虫と呼ばれる種です。感染後、成長したフィラリアは心臓と肺動脈を住みかとします。フィラリア症のほとんどは慢性のフィラリア症ですが、重篤になることが多い急性のフィラリア症もあります。
感染すると心臓・肺の他、肝臓・腎臓等に様々な異常をきたします。何もせず放置すると死に至る大変恐ろしい病気ですので、しっかりと予防しましょう。

犬の混合ワクチン

犬の混合ワクチン
ウィルスによっておきる伝染病治療は非常に難しく、人にも伝染する恐ろしい種類の病気もあります。予防接種を受けることで、これらの伝染病から愛犬を守りましょう。ワクチンの種類によって得られる免疫の種類がかわりますので、詳細は当院獣医師にご相談下さい。

犬のノミ・マダニ予防

犬のノミ・マダニ予防
ノミを飲み込み、小腸で孵化し消化障害を起こすこともあります。 マダニも同様、様々な病原体をもっており、吸血により病原体を移し、バベシア症などの発症要因ノミ・マダニは犬の皮膚や被毛に寄生し、痒み・皮膚病の原因になります。ノミが寄生した場合、皮膚を噛むことでノミの唾液が体内に入り炎症を起こします。 また寄生虫をもったノミを飲み込み、小腸で孵化し消化障害を起こすこともあります。 マダニも同様、様々な病原体をもっており、吸血により病原体を移し、バベシア症などの発症要因になります。
ペットがいつまでも健康で健やかな生活を送るにはノミ・マダニといった外部寄生虫も確実に予防することをおすすめします。
マダニの場合、人が噛まれて死亡する事があります。
飼い主のお命を守るためにも予防薬の投与を推奨致します。

犬のお腹の寄生虫駆除

犬のお腹の寄生虫駆除
寄生虫は寄生されていても症状が出ない事が多く、感染に気付かない場合があります。 従って、症状の有無にかかわらず定期的な駆虫を行なう事をお勧めしております。 重篤な症状を引き起こす前に当院獣医師にご相談下さい。

犬の狂犬病予防

犬の狂犬病予防
狂犬病は犬にだけ感染する病気ではありません。人を含む全ての哺乳類に感染し、発症した場合の死亡率はほぼ100%で、かつ治療法もない恐ろしい感染症です。日本の法律上、生後91日齢以上の犬は狂犬病予防注射が義務付けられておりますので、必ず予防注射を受けて下さい。
日本の場合は、昭和32年以降、動物の発症例はありませんが、近隣諸国では狂犬病が蔓延しており、万が一国内に侵入してきた場合に備えておく必要があります。

猫の混合ワクチン

猫の混合ワクチン
ウイルスによっておこる伝染病の治療は難しく、愛猫が感染症にかかっても重症化しないよう、ワクチン注射による予防が必要となります。ワクチンの種類によって得られる免疫の種類がかわりますので、詳細は当院獣医師にご相談下さい。

猫のノミ・マダニ予防

猫のノミ・マダニ予防
ノミ・マダニは犬の皮膚や被毛に寄生し、痒み・皮膚病の原因になります。ノミが寄生した場合、皮膚を噛むことでノミの唾液が体内に入り炎症を起こします。 また寄生虫をもったノミを飲み込み、小腸で孵化し消化障害を起こすこともあります。 マダニも同様、様々な病原体をもっており、吸血により病原体を移し、バベシア症などの発症要因になります。ペットがいつまでも健康で健やかな生活を送るにはノミ・マダニといった外部寄生虫も確実に予防することをおすすめします。
マダニの場合、人が噛まれて死亡する事があります。
飼い主のお命を守るためにも予防薬の投与を推奨致します。

猫のお腹の寄生虫駆除

猫のお腹の寄生虫駆除
寄生虫は寄生されていても症状が出ない事が多く、感染に気付かない場合があります。 従って、症状の有無にかかわらず定期的な駆虫を行なう事をお勧めしております。 重篤な症状を引き起こす前に当院獣医師にご相談下さい。