大阪|動物病院|ハリネズミ|口腔疾患|歯肉炎|腫瘍

query_builder 2022/03/15
ブログ
29C0F515-8099-441B-8517-E22684AE3E68

人間でも歯の病気があると、痛みが走り食欲が減ってしまうことがあると思います。


それはハリネズミも同じで、重度の歯肉炎になってしまうと急激に食欲が減ってしまうことがあり、体重がどんどん減っていきます。


歯の病気はハリネズミは大まかに分けて2種類あり、歯の衛生環境から来る歯肉炎と、口腔内の癌です。


症状


食欲不振

口をくちゃくちゃさせる。

口が腫れる

口から出血する


①と②の症状が非常にわかりやすく、出現頻度も高いです。

ただ、ハリネズミは夜行性なので、普段からハリネズミと遊んだり接する機会が少ないと②の症状が発見することができないことがあります。


③と④に関してはかなり重症になってきた場合や、口の顔の場合に出てくることが多いので、急いで病院に診てもらい、口の中をチェックしていく必要があると思われます。


大阪|動物病院|ハリネズミ|口腔疾患|歯肉炎|腫瘍

4D1163E8-16E6-4C8F-9E80-093B261B4BB0

治療


歯肉炎に対する治療に関しては、原因となっている歯を抜いてしまうのとともに、不衛生な歯はなるべくきれいにスケーリング(掃除)をしてしまうのが1番良いでしょう。


歯肉炎の原因となっている歯を抜くだけで、劇的な食欲の改善が見込まれることが多いです。


癌の治療に関しては、本来であれば癌そのものをとってしまう外科的切除が理想的ではあるのですが、口腔内にできる腫瘍は悪性度が高いものが多く、特に扁平上皮癌の頻度が高いです。

扁平上皮癌に関してはかなり内部への侵襲率が高く、浸潤していてしまっている可能性が高いので、蒸散と言われる治療を行い、表面のがん細胞焼いてしまいそこを取り除く治療が現在は主流となっていることが多いです。


予防


予防としては歯肉炎に関しては、柔らかくふやかしたフードを主流に上げていると年齢が若く症状が出始め出ることが多いです。

なので本人の好みも大きく関与していきますが、可能であれば硬くふやかしてないフードをメインで食べてもらいつつ口の中にご飯が残らないようにしていくのが、予防となっていきます。しかしそれでも歯肉炎が出る事は多くあるので、癌の発見もそうですが、普段からの本人の状態をしっかり見ていく事が早期発見につながっていくでしょう。


大阪|動物病院|ハリネズミ|口腔疾患|歯肉炎|腫瘍



大阪のエキゾチックアニマルの病院をお探しの方は、

南田辺・田辺・駒川駅近くにあるラフ南田辺動物病院へお越しください


ラフ南田辺動物病院(エキゾチックアニマル研究所)

〒536-0033

大阪府大阪市東住吉区南田辺1-9-19

TEL06-6657-6091








NEW

  • 捻挫/骨折|大阪ラフ南田辺動物病院

    query_builder 2022/09/01
  • モルモット|胃停滞|大阪|ラフ南田辺動物病院

    query_builder 2022/08/24
  • モルモットの口唇炎/感染症|大阪ラフ南田辺動物病院

    query_builder 2022/08/01
  • モルモットのリンパ節膿瘍/感染症|大阪ラフ南田辺動物病院

    query_builder 2022/07/23
  • モルモットの子宮内膜炎疑い|大阪のラフ南田辺動物病院

    query_builder 2022/06/18

CATEGORY

ARCHIVE