モルモット|胃停滞|大阪|ラフ南田辺動物病院

query_builder 2022/08/24
ブログ
1BD87BF9-D202-4C21-8B3E-050DC395E709


胃停滞や腸停滞は、げっ歯類全般で時折見られることがある病気で、特に牧草を主体に食べる草食系の動物はこの病気になることが多くあります。


原因としては、体毛を飲み込んでしまったりすることや、痛みやストレスなどにより胃腸の動きが止まってしまうことが原因です。


基本的には、体調の改善をフォローしていくような支持療法ですが,物理的に毛玉等が閉塞している場合は手術が必要な場合もあります。


基本的には内科療法で押し切れることが多いですが、手術をしないと助からないこともあるので、そこの判断が非常に難しい病気です。 





大阪のエキゾチックアニマルの病院をお探しの方は、

南田辺・田辺・駒川駅近くにあるラフ南田辺動物病院へお越しください


ラフ南田辺動物病院(エキゾチックアニマル研究所)

〒536-0033

大阪府大阪市東住吉区南田辺1-9-19

TEL06-6657-6091











NEW

  • 捻挫/骨折|大阪ラフ南田辺動物病院

    query_builder 2022/09/01
  • モルモット|胃停滞|大阪|ラフ南田辺動物病院

    query_builder 2022/08/24
  • モルモットの口唇炎/感染症|大阪ラフ南田辺動物病院

    query_builder 2022/08/01
  • モルモットのリンパ節膿瘍/感染症|大阪ラフ南田辺動物病院

    query_builder 2022/07/23
  • モルモットの子宮内膜炎疑い|大阪のラフ南田辺動物病院

    query_builder 2022/06/18

CATEGORY

ARCHIVE